説得力を高める英語プレゼンテーション

英語によるプレゼンテーションはその構成法や表現など日本人にとってなじみのない部分も多く、日本人が自信を持てない領域のひとつになっています。本講座は、前半の英語表現と後半の資料作成、デリバリーの2部構成となっており、前半の英語表現では日本語とは異なる英語プレゼンテーションの組立てから、プレゼンテーションの各段階における英語表現までを懇切丁寧に解説します。また、後半は具体的なプレゼンテーションの技法を解説し、日本人の英語プレゼンテーションにおける説得力を高めることを目的にしています。(後半は英語による講義です。)なお、前半の講師は国際会議などでの通訳やNHKラジオ講座の講師を歴任し、英語でのプレゼンテーションを熟知されている森住史先生です。

森住史
講師:森住 史(もりずみ ふみ)
成蹊大学文学部准教授/通訳者
国際基督教大学教育学研究科博士課程後期修了。教育学博士。現在、成蹊大学文学部准教授。専門分野は社会言語学。主な著書・論文として、「英文メールのA to Z」(単著、NHK出版、 2012年)、「音と映像」(共著、風間書房、2012年)、「12の鉄則で始める英文Eメール初級講座」(単著、日本英語検定協会、2010年)、「これで成功するやさしい英語でできる研究プレゼン」(共著、日興企画、2009年)、「日本語における女性の概念化:動植物を用いたメタファー」(共著、「言語学と日本語教育II」、くろしお出版、2001年)など。大学での教育・研究活動に加えて、通訳者として、また、サイマル・アカデミー通訳者養成コースの講師としても活躍。2011年度後期NHKラジオ入門ビジネス英語講師をつとめ、2012年4月からはAsahi Weeklyのコラム「英語のアレコレQ&A」を担当。
Robin Bryson
講師:Robin Bryson
英国スコットランドのアバテイ大学卒業。来日後は 8年間大手英語スクールにてビジネス英語研修の講師 として活躍すると同時に同社の人事部マネージャー としてネイティブ講師の採用、育成に携わる。 現在はサイコム・ブレインズのコーポレート・ トレーニング・マネージャーとして、プログラム開発、 ビジネス英語・人事組織関連の研修講師を務める。

この講座の到達目標

こんな方に最適

受講に必要な英語レベル

講座カリキュラム

No. タイトル 内容
Chapter 1 プレゼンの第一歩/分析と準備 分析、準備、目的、聴衆、英語のプレゼンスタイル、スライド、モデルプレゼンテーションについて
Chapter 2.1 Opening 1 あいさつ、Attention Grabber、自己紹介
Chapter 2.2 Opening 2 プレゼンの目的、相手のbenefitを明らかにする
Chapter 2.3 Opening 3 アウトライン、メインポイント、時間、質疑応答のタイミング
Chapter 3.1 Body 1 本題への導入、Referencing、例を挙げる、比較する、追加する、写真や図表を使って説明する
Chapter 3.2 Body 2 より信頼のおけるプレゼンというイメージのために、ひとつの話題を締めくくる、配布物を見てもらう
Chapter 3.3 Body 3 次の話題に移る、例を挙げる、話の終わりを告げる
Chapter 4.1 Q&A 1 質問を促す、意見を求めたいとき、回答内容が相手の満足のいくものだったか確認
Chapter 4.2 Q&A 2 難しい質問への対応、質問を聞き返す
Chapter 5 Closing 話をまとめる、最後の一言、プレゼン後の対応についての案内、結びの謝辞
Chapter 6 Visual Aids(英語) プレゼン資料の作成について
Chapter 7 Delivery(英語) プレゼンテーションの実施について(目線、身振り、動作、態度等)
随時 モデルプレゼンテーション(英語) プレゼンテーション実演

▽英語講座をもっと見る