反転授業型研修/開発支援サービス

- 反転授業は「たし算」ではなく「掛け算」で設計する -
反転授業はマス型教育から個別教育への有効手段として注目を浴びています。しかし、その導入にはいくつかの課題をクリアするために適切な設計と運営を行う必要があります。当社は企業研修の反転授業化に向けて、導入のためのコンサルティングから実行支援まで、一貫したサービスを提供いたします。

反転授業化のメリット

反転授業の設計コンサルティング

反転授業の設計コンサルティング

反転授業用教材開発(オプション)

講義映像制作サービス

当社の映像制作サービスは、クロマキー合成による仮想スタジオ型教材の開発を主としています。

ドリル/クイズ など

映像講義を受動的に受けるだけでは知識定着も進まず、集合研修の効果も半減します。事前学習の段階から「考えること」を実践するために、ドリルやクイズに挑戦することが有効です。当社ではこういった「脳トレ系ツール」の開発も承っております。

開発コンサルタント

Yasushi Kawaguchi

川口 泰司 - Yashushi Kawaguchi -
サイコム・ブレインズ・ラーニングメディア株式会社 取締役社長

東京大学工学部卒業。コンパックコンピュータ、アップルコンピュータ等を経て1997年に独立起業しWebシステム開発を事業化。2005年7月に株式会社レビックグローバルの設立と同時に代表取締役に就任し、法人向け人材育成サービスを主領域とするeラーニング事業に参入。日本国内にとどまらず中国へも市場開拓を行い、金融、自動車等の大企業向けに教育効果の高いプログラムを提供し実績を挙げる。2012年 モバイルラーニングコンソーシアム理事。2013年10月 サイコム・ブレインズ・ラーニングメディア株式会社設立とともに取締役社長に就任。2014年より特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム理事。

反転モデルの考察

#1 映像講義の活用について(2014/06/06 up)

一般的に「反転授業」と呼ばれる教育手法について、シリーズで考察してみたいと思います。第1回目は事前学習におけるよくある問題についてです。

#2 映像教材の作り方(2014/06/28 up)

第2回目は映像講義を撮影する場合のシラバスやユーザビリティの考え方を対談形式で解説します。企業内教育を意識した内容ですが、学校教育にも通じる部分があると思います。

#3 人材教育における「反転授業」の設計(2014/07/18 up)

第3回目は企業研修における反転モデルの適用について設計の考え方をお話しします。

#4 企業研修における反転学習実施報告(2014/09/12 up)

第4回目は実際に企業研修に反転モデルを適用した実施例についての検証結果をご報告します。