ビジネス統計学入門

本講座では、分析や思考のツールとして、あるいは説得やプレゼンテーションのツールとして、ビジネスで使える統計学の習得を目指します。難解になりがちな数学的要素を極力省き、30例もの豊富な演習によって、ツールとしての統計の活用方法を興味を維持しながら自然に学ぶことができます。
【演習例1】ある会合があり、出席メンバーは8人である。過去の実績によれば各メンバーの出席率は60%だが、これを勘案して今回は弁当を5個準備した。当日弁当が不足する確率は?
【演習例2】ある政治家の選挙区での支持率はこれまで60%と考えられてきたが、今週実施された有権者400人を対象とした調査では、支持率は65%という結果が得られた。この政治家の支持率は上昇したといえるか?

寺石雅英
講師:寺石 雅英(てらいし まさひで)
大妻女子大学キャリア教育センター教授。群馬大学名誉教授
一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了。名古屋商科大学講師、助教授、群馬大学社会情報学部教授等を経て、2011年4月より大妻女子大学キャリア教育センター教授。群馬大学名誉教授。この間、郵政研究所、日本資産流動化研究所、建設経済研究所、道路経済研究所等の客員研究官や研究委員、国際ベンチャー企業協議会監事、実践経営学会理事などを歴任。2001年には、国立大学教官として日本初のJASDAQ上場企業の社外監査役に就任(株式会社エスイー)。さらに現在は、日本一の店舗数を誇るカラオケチェーン(まねきねこ)とフィットネスチェーン(カーブス)を展開する上場企業の取締役も務める(株式会社コシダカホールディングス)。全国の地域振興プロジェクトや中小企業再生プロジェクトのコンサルタントとしても活躍中。 専門はファイナンス論、地域振興論、事業創造論、観相統計学。主著に、「現代経営学」(同文舘)、「ベンチャー創造のダイナミクス」(文眞堂)、「創造への感知力」(ファズボックス)、「ザ・統計学」(ファズボックス)、「金融工学のエッセンス」(ファズボックス)等がある。
ビジネス統計学入門

講義シラバス

セクション タイトル 内容 ビデオクリップ
(本数)
データの特性を知る 調査企画の構成 / サンプリング抽出法 / データの分類/質的データの集計方法 / 量的データのまとめ方 / 確率変数 / 確率変数の平均値と分散など 11本のビデオクリップ 11
確率分布と標本データ 母集団分布について / ポアソン分布 / 正規分布 / 二項分布の正規分布近似 / 中心極限定理 / 加法定理/標本平均と標本分散 / 標本平均の分布 / 演習問題9題 など18本のビデオクリップ 18
部分から全体を把握する (推定) 正規分布に関する2点の復習/推定の考え方 / 母平均の推定【分散既知】 / 母平均の推定【分散未知;小標本】 / 母平均の推定【分散未知;大標本】 / 母比率の推定 / 当選確実/標本誤差と精度/カイ2乗分布/分散の推定/演習問題8題など 19本のビデオクリップ 19
部分から全体を把握する (検定) 検定の考え方と手順 / 母平均の検定【分散既知】 / 母平均の検定【分散未知;小標本】 / 母平均の検定【分散未知;大標本】 / 母比率の検定 / 母分散の検定 / 平均の差の検定 / 母比率の差の検定/F分布 / カイ2乗検定 / 独立性のカイ2乗検定 / イエーツの補正 / 演習問題14題など 27本のビデオクリップ 27
データ間の関連の強さと因果関係を知る 量的データ間の関連性2量的データ間の関連性 / 散布図 / 共分散 / 相関係数/偏相関係数 / 無相関の検定 / 単回帰分析 / 最小2乗法 / 回帰方程式の精度など 9本のビデオクリップ 9
多変量解析手法を用いて予測を行う 多変量解析手法のバリエーションと選択方法 / 数量化理論I類 / コンジョイント分析 / 数量化理論II類 9

▽マネジメント講座をもっと見る